小児歯科
小児歯科
小児歯科  お子様の成長過程において、ムシ歯にならないための予防治療とムシ歯治療を行います。乳歯は、永久歯に比べて小さく柔らかいため、ムシ歯になりやすく、進行も早い特徴があります。乳歯のムシ歯は、永久歯にも悪影響を与える場合がありますので、予防と早期治療を心がけましょう。
虫歯治療
 乳歯は永久歯に比べて、小さくやわらかいので、虫歯になりやすく、進行も早い特徴があります。また、乳歯の虫歯は、永久歯の質や形、歯並びを悪くしたり、あごの発育に悪影響を与えたりする可能性があります。
 当院の虫歯治療は、痛みが少なく、できるだけご自身の歯の色、形に近いものに戻すことを大切にしています。
外傷歯の治療
 歯をぶつけてしまい、歯が割れたり、グラグラになったり、抜けたりすることがあります。すぐに適切な処置を行うことによって修復することが可能です。外傷によって歯が抜けてしまった場合は、牛乳につけて持ってきて下さい。再植できる可能性があります。
 もし、お子様の歯がこのような状態になってしまったときは、歯科医へ相談しましょう。
治療前
【治療前】
事故により前歯を損傷
治療後
【治療後】
審美的治療により前歯を治療